フィリピン台風チャリティ上映会
「ノノ 見つけた!僕のコトバ 」
〜フィリピンの映画を観て、大型台風被災地復興の支援をしよう!〜


弊社が企画協力しております、フィリピン台風チャリティ上映会(Angat主催)を横浜・相模原・東京で行いました。

お隣の国、南国フィリピンでは、毎年大きな台風に襲われ、多大な被害を受けています。
特に2013年11月には超巨大台風によってたくさんの人々が亡くなり、
多くの家屋や子ども達の学校は未だに壊れたままです。
そこで元青年海外協力隊有志等が結成した団体Angatは、フィリピンの映画やカルチャーを紹介し、
その収益の一部を認定NPO団体ICANを通じてフィリピン被災地の方々への寄付金として送りました。

最初の上映作品は、フィリピンに住む母と息子の愛と勇気をいきいきと描いた愛すべき作品、『ノノ / NONO』を上映しました。

「ノノ 見つけた!僕のコトバ 」フィリピン台風チャリティ上映会
[第一回]
日時:2015/9/20(日)
会場:横浜市開港記念会館
主催:Angat (元⻘青年年海外協力隊有志等の団体)
協⼒団体:Someoneʼ’s garden、社団法⼈人障害者映像文化研究所
後援:JICA横浜

[第二回]
日時:2015年11月14日(土)
会場:さがみはら国際交流ラウンジ2階B会議室

[第三回]
日時:2015年12月26日(土)
会場:ポレポレ坐東中野
主催:Angat(元青年海外協力隊有志等の団体)
協力:Someone’s garden、社団法人障害者映像文化研究所、ワークショップラボ湘南
※上映後、すずきじゅんいち監督(元青年海外協力隊モロッコ配属、『クロスロード』監督)によるトークショー開催
※「フィリピンサリサリマーケット」併催
ポレポレ坐東中野公式サイト

[作品『NONO』について]
口唇裂を持って生まれてきたトトはよく喋る活発な8歳の男の子だが、発声が上手くできなくて学校生活は苦難の日々。
でも、元気なママの助けを借りて、スピーチコンテストに出場する決意をする…。
母と息子の愛と勇気をいきいきと、そしてコミカルに描いた愛すべき作品。
ベルリン国際映画祭出展、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012で審査員特別賞受賞。
(2011年/フィリピン/115分/監督・製作・脚本・撮影:ロメル・トレンティーノ)

Angat Facebook

ICAN Facebook