モノクローム・モノローグ


Directed by Someone’s Garden


Monody, Monochrome, Monologue…
United Colors of Benettonオフィシャルブックと同時リリースした今号では、世界中のクリエイターによるモノローグを特集しています。

[Contents]
Interview:
Yelena Yemchuk「危険を冒してファッション写真の可能性を楽しめ!」
Kalle Lasn「メディアの嘘を暴くこと。カル・ラースンはその最前線に立ち続ける。」
Todd Tourso「睡眠不足はベストドラッグ!?」
Conrad Ventur from USELESS「何が無駄なのか。」
Kenzo Horikoshi「そろそろ映画に何の恩返しが出来るかって思い始めて。」
Pedro Costa「もし彼らを映画にしなかったら、自分自身を裏切ることになると思った。」
Retouch「裸の王様に新しい洋服を!」
Cynthia Connolly「アメリカン・ランドスケープ・グラフィティ」
Jasper van den Brink「夜に、鳩は羽ばたかない」
Bill Yokoyama「ゴルゴの愛用はアーマーライトのM16。これは定番ですね。」
Mitsuru Meike「せんちめんたるじゃーにー」
Antonin Fourneau「ニューメディア・アートは、社会の可能性を理解し分析する方法」
Alexandre Orion「ここに描かれてあるドクロは俺たちみんなの姿かもしれないんだ」
Mitsuhiko Ikeda「ハッとする場面、繋がる星、生まれる物語… その星を置く人になりたい」
Abake「名前はスウェーデン人、メルアドはフランス、活動の拠点はロンドン」
LOYAL「良いアートはまるで自分が作ったかのように愛着を沸かさせる」
Sumi Ha「才能ある若手を育てるために」
Kevin westenberg「レンズを通して生きること」
Pet Graham「被写体と一体化し、カメラが音を吸収する」
Shinsuke Fujieda「生命力宿るサックス – この世に存在する無限のリズムと解け合うために」

Art:
Hisham Akira Bharoocha
Kimiko Yoshida
Flaunt
Liu Yi Qing

Article:
Kalim Armstrong「そしていつまでも、ビートと歓声は脳裏を駆け巡る…」
Daisuke Nishimura「地球上の火星は、火星の上の地球」
          「時には、ドラマよりも面白いもの。」
Azumi Hasegawa「Synagogues 夢の果て、真夜中の独白者」

Fashion Shooting:
Assume Vivid Astro Focus「シャッター音とストロボと、音と色の洪水。」 photo by Keiichi Nitta
“Out in the Light” / photo by Shinji Serizawa
Gymneasium / photo by Alex Freund

連載:
A Day with Alex Freund「アメリカの雑誌文化で欠けているもの」
A Day with Shelter Serra「オフィスに現れたシスコ出身のアーティスト」
勝手にアートコンサルタント!
Flaneur / Fashion and food “Eat cookies or play chess?”
思想疾走失踪